【解説】ネットオフのネット買取の特徴やメリット

【解説】ネットオフのネット買取の特徴やメリット

読まなくなった漫画を手元に置いておくと場所を取って大変ですね。
売りに出して新しい漫画を買うときの足しにしようと考える人も多いのではないでしょうか?

 

最近はネット買取を利用する人も増えてますが、どこに売るかはけっこう迷うところかもしれません。
そこで、漫画買取を行っているショップの中から、ここではネットオフについてご紹介します。

 

2つの買取方法がある

ネットオフの漫画買取には2つの方法があります。
1つは段ボール箱に商品を入れて送るだけの「本&DVD買取コース」、もう1つは、最新作や人気作を売るときに最適な「ポストにポン買取」です。

 

「本&DVD買取コース」とは

面倒な手間をかけずに一気に片づけてしまいたいときに便利なのが「本&DVD買取コース」で、箱に梱包した本やDVDを自宅まで引取りに来てもらって、査定後その金額でOKということであれば入金されるシステムです。

家に居ながら売ることができるのでとても便利ですが、漫画やその他の本、DVDなどが30点以上揃っていないと売ることができないという点がネックと言えます。

 

「ポストにポン買取」とは

一方、ポストにポン買取ですが、ネットオフのホームページで、買取対象になっている商品をチェックする必要があります。

もし自分が売ろうとしている漫画がその対象になっているのであれば高値で買い取ってもらえるチャンスと言えますが、対象になっていないときはこのコースを利用することはできません。

 

逆に対象になっていて売りたいと思った時には、申込みをした後、商品送付書や宛名ラベルをプリントアウトして、商品に添付して一緒に送ればOKです。

 

ネットオフの買取基準

ネットオフの買取基準はホームページに載っているので、査定に出す前にチェックしておきましょう。

 

買取対象ではないもの

まず、ほとんどのショップで同じでことが言われていますが、日焼けしている物や破れ、折れがあるものは買取対象になりません。
また、サイン本や漫画雑誌も買取対象外になります。

 

更に、漫画本と言ってもコンビニコミックは買取の対象外になっていますから注意が必要です。

もし、買取対象外の物を送ると、値段が付かず、処分の対象になるか、送料自己負担で返送されてくることになります。

 

きちんと買取の対象になっているかどうかの確認を済ませておきましょう。

 

佐川の集荷またはコンビニ持ち込み

ネットオフの買取は、自宅での集荷か、コンビニへの持ち込みという形で漫画を送ることになります。
集荷時間はある程度決められているので、集荷時間に自宅にいないのであればコンビニ持ち込みで送る方が楽かもしれません。

ただし、コンビニはセブンイレブンかファミリーマートに限られ、集荷も佐川急便と決まっています。
ゆうパックやクロネコヤマトは使えませんし、他のコンビニも対象外です。